解体工事、改修工事、大規模修繕工事など、アスベスト調査のご依頼なら小川環境にお任せ下さい。

075-950-1658
土・日・祝日
9:00~17:00

アスベスト分析【定性分析】【定量分析】について

2023/07/12

アスベストの分析方法には「定性分析」と「定量分析」の2種類がありますが、
工事を進めるにあたっては、定性分析でアスベスト含有の有無を知りたい
ということから小川環境では定性分析に特化して対応しています。

定性分析

定性分析は簡単に言うとアスベストの含有が「有」か「無」かを、判定する方法です。
詳しく解説しますと、アスベストの含有率が0.1重量%超えているかの確認を行う分析
方法になります。
国際規格であるを基に国内の規格として導入されたJIS A 1481-1、
従来の規格であるJIS A 1481-2の2タイプがあり、
どちらの方法で行っても問題はありません。

小川環境分析:【JIS A 1481-1】
国際規格ISO 22262-1を基準にした偏光顕微鏡による分析方法になります。
層別に前処理や含有層の特定層別に分析を行うことが可能で、精度が高く
所要日数も短いことが特徴です。
アスベストを含有する層の特定が可能なので含有箇所ごとに除去方法を選定できます。


定量分析

定量分析は、JIS A 1481-3の規格で行い、
アスベストを何%含有しているかを判定する分析方法になります。
定性分析でアスベスト含有と判定された場合は、規制値の0.1重量%を超える可能性が
高いため調査を進めるなら定性分析で十分と言えます。

アスベスト
事前調査・報告の義務化

解体等工事について、
石綿の調査結果を
都道府県等への報告を義務付けます。

お見積り無料!
お気軽にお問い合わせ下さい
075-950-1658
土・日・祝日 9:00~17:00

メニュー

PAGE TOP