解体工事、改修工事、大規模修繕工事など、アスベスト調査のご依頼なら小川環境にお任せ下さい。

075-950-1658
土・日・祝日
9:00~17:00

分析プラン

郵送またはお届けいただいた検体のアスベスト含有などを分析し、分析結果を報告書で発行します。
エクセルデータをご記入の上、検体と一緒に同封してお送り下さい。

お申し込みはこちら☚

<アスベスト試料採取について>
ご参考にしてください。
◆採取量
・吹付材、保温材等(柔らかい材料) ゴルフボール1個程度の体積
・成形板等の板材(比較的硬い材料) 10㎝×10㎝に切り取ったもの1個程度
※1試料複数箇所採取の場合も1箇所当たりは上記と同量
◆試料の梱包等
1.試料は1箇所毎にビニール袋に入れ、試料の漏洩がないようにしっ かりと密閉します。
2. 1箇所採取試料及び複数箇所採取試料どちらの場合でも、 2重梱 包になるようにさらにビニール袋に入れ、密閉します。 

建材サンプル採取 資料☚

採取・分析プラン

実際に検体採取から弊社が行い、分析結果+採取箇所の写真を報告書にまとめて発行します。
【こんな方にオススメです。】
・建材の採取方法が分からない方。
・経験豊富なスタッフが伺う為、現場でアドバイスがほしい。
・採取箇所の写真撮影を行い報告書に写真台帳を作成します。

お任せプラン

書面調査、現地調査から弊社にお任せいただき、検体採取、分析結果を事前調査報告書にまとめてご提出します。
※建物規模により金額が異なる為、先ずはお問い合わせください。

アスベスト事前調査・報告の義務化

令和4年4月1日から石綿の事前調査結果の報告制度がスタート

令和4年4月1日から、建築物等の解体・改修工事を行う施工業者は、
大気汚染防止法に基づき当該工事における石綿含有建材の有無の事前調査結果を都道府県等に報告することが義務づけられます。


石綿の事前調査結果の報告及び電子システムによる報告の概要

1.事前調査結果の報告対象(年間 2 00 万件程度)

 石綿の事前調査結果の報告対象は、以下のいずれかに該当する
工事 (令和4年4月1日以降 に工事に着手するもの) で、
個人宅のリフォームや解体工事 なども含まれ ます 。
 

【報告対象となる工事】

    • 建築物の解体工事(解体作業対象の床面積の合計80 ㎡以上)

    • 建築物の改修工事(請負代金の合計額100万円以上(税込))

    • 工作物の解体・改修工事(請負代金の合計額100万円以上(税込))

       

    • 石綿障害予防規則に基づき労働基準監督署にも報告する必要があります。

      石綿障害予防規則に基づく報告は、上記に加え、鋼製の船舶の解体又は改修工事
      (総トン数20トン以上)も必要です。
       

2.電子システム(石綿事前調査結果報告システム)による報告のメリット

  • パソコン、タブレット、スマートフォンから、行政機関の開庁日や開庁時間にかかわらず、いつでも報告を行えます。

  • 1回の操作で、大気汚染防止法に基づく都道府県等への報告と労働基準監督署への報告を同時に行えます。

  • 複数の現場の報告も、まとめて行うことができます。

     なお、電子システムによる報告が基本となりますが電子システムを使用できない等やむを得ない場合は、書面での報告を行うことができますが、都道府県等及び労働基準監督署にそれぞれ提出する必要があります。

会社概要

会社名 株式会社小川環境
所在地 〒615-8281
京都府京都市西京区松尾木ノ曽町38-15
上桂駅前センター104
代表取締役 小川 太地
TEL・FAX TEL:075-950-1658 FAX:075-950-1659
営業時間 9:00~17:00
定休日 土・日・祝日
事業内容 ・アスベスト事前調査(図面調査・現地調査)
・アスベスト含有建材分析(JIS A 1481-1)
有資格者リスト ・建築物石綿含有建材調査者
・石綿作業主任者
・職長・安全衛生責任者教育
取引銀行 ・京都信用金庫 梅津支店

アクセスマップ

アスベスト
事前調査・報告の義務化

解体等工事について、
石綿の調査結果を
都道府県等への報告を義務付けます。

お見積り無料!
お気軽にお問い合わせ下さい
075-950-1658
土・日・祝日 9:00~17:00

メニュー

PAGE TOP